2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.24 (Sun)

庭木の剪定

母の家の赤松と青木の木が、ボウボウに新芽を出したままになっていて、家にも日当りが悪いし、松自体も息が出来ない状態になっていた 昨日、本屋を何軒もはしごして剪定のただ読みをしてきました(笑)

大体今の時期剪定がいいのかどうか?も解らない・・・松は込み合っている枝は切っていいらしいが、樹形もある・・・我が家はある程度、形はできているので、見苦しい部分を刈り、もみ上げと言って、古い葉を手でしごいて落としてやった

松は見事に、日当りが良くなり息がしやすくなった感じ 形は素人なので来年、プロに頼みます 青木は強い刈り込みを毎年していますが、生育旺盛です

道路部分に張り出した枝をゴシゴシ切り落としました 形はとても変です(笑)来年から私の思うように作って見たいと思います この木もただただでっかくなり過ぎて、背が高くなってしまい作業も大変なので、変身させないと・・・(笑)

私が塀に登って切っていると、近所の方が『庭師になったかよ?』『素人が切ってえいかよ?』『今頃切る時期かよ?』・・・それはそれは、心配してくれるような不安をあおるような

結果は来年春から後にでるでしょう もし、枯れたらごめんなさい(笑) 普通男性は多かれ少なかれやりそうなもの・・・我が家の男性は(夫一人しかいません)、『どうでも、好きなように切って』と・・・

高バサミで4~5本切ってくれたか見たか、お昼の食材を届けてくれると『帰っちょくけ』と、さっさといなくなりました ここの祖父はその名も知れていたほどの、松の盆栽の達人だったそうです(当時は盆栽数本で嫁入り支度が出来たそうですよ)

その一本が今日私が切ったやつ・・・ 盆栽用の松は数本ありますが、ほったらかしでかろうじて生きていますが祖父が亡くなって35年ですからね ここの父も触らず、孫の夫も触らず・・・祖父没以後、祖母、母と、女が剪定してきました 遂に私に番が・・・

今日はクリスマスイブ・・・どころか、手首が松の葉にやられてポツポツ赤くなり痛いこと・・・早速、ぬり薬をつけて夕食の準備 主婦は何処までも忙しい
EDIT  |  20:31  |  生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。