2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.05 (Sun)

平家平1692.6m

昨日は深夜から雨が降り朝は曇り・・・天気予報は一日曇りなので、前日予定を立てた大川村の平家平に先輩女子と登る

家を出る時は曇り移動中は 二人で笑いながら平家平までドライブして来ようと、大平の林道線を上がる途中で雨は上がった しかし、小麦畝の登山口は遠い? れいほくネイチャーハントのガイドブックは正しい?・・・勝手に二人で文句を言い合っていた(笑)

小麦畝コースは鉄塔の下を通るので間違えない・・・と書いてあるので、そこを選んだのに・・・登山口が小麦畝の集落から結構遠かった 車で20分かかりましたよ 途中で間違ったのかと・・・小麦畝登山口


【More・・・】

引き返そうとした時、後ろから工事現場に向かう車が来てその人に誘導してもらいセーフ

登り始めたのが8時40分 早速鉄塔が立っていました 『道は草刈され歩きやすく最高!これは登り安いし、楽チンやねぇ~』などと、さっきの上り口が遠かったことはすっかり忘れて歩いていました(笑)

しかし、段々登りがきつくなってきて、谷を二つほど越えるとそれから益々登りとなった 稜線の鉄塔まで1時間20分で着くとガイドはありますが、私たちは途中で何度もヘビと遭遇したり休憩したりで、2時間かかっていました稜線最後の鉄塔が第6

実際は鉄塔より右山側を歩く

小麦畝登山ルート

これを登ってきたんですからねぇ~ 結構いい汗かきました 最後の鉄塔の稜線から→小ピーク→平家平山頂です その歩行時間は30分づつの1時間でぴったり合いましたが、何処が小ピーク?と思えるところが二つほどあり、初心者はどれが?・・・悩みましたjumee☆whyR

山頂には先客の登山者の方がいて食事中でした 私たちは、さいごの数歩でそこに到達する直前絵文字名を入力してくださいぎゃ~~ 食事中のおじさんがカップラーメンを落としそうになっていました(笑) どうしたか?と聞いてきたが山頂は風が吹いているので聞き取りにくい へびが・・・と言うと、へびは食いつきはせん・・・と

食いつきはせんが、気持ちが悪いですよ(笑) 山頂ではガスが這い上がって来て寒いかったです(15℃)が、合羽を羽織って食事をしながら冠山に行くのやめようや・・・と話していると、このおじさんの登山者が、止めたほうがいいと・・・腰まで藪こぎ状態でビショビショだと

この二人は住友の森から冠山を通りここまで来たそうです まったく笹が刈られていないので1時間かかったと・・・ 高藪コースを最短1時間20分で上がってきた方も、今日は冠山は止めといたほうがいいかも・・・と

勿論ですとも(笑) この曇り空で女二人の藪こぎ・・・恐ろしくて嫌ですよ苦笑い 先客さんたちが下山してから、話あったわけではないのに、私がしの笛を出すと先輩女子はオカリナを・・・(笑) しばし・・・合奏などを楽しんだ後、下山してきました 下山途中に少しだけ下から山頂が見れましたが、山の天気はころころ変わり車に辿り着いた頃はすっかり晴れて、頂上を見たらガスがかかっていました平家平
初心者にしては納得の登山でした
EDIT  |  22:11  |  山登り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。