2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.10.29 (Thu)

収穫日

今日は、大豆を引き上げ、生姜を堀りあげ、鮎の甘露煮のあぶりをし・・・今から、甘露煮を作る予定 おまけに生の麹が届いたので、今夜大豆を水に漬けて、明日味噌つくりをしなければなりません 何と、忙しいこと・・・

4月に10kg作った味噌は、もう 1袋の半分を残すのみ・・・・今からでは、自家製は間に合わないので、市販のものを食べながら待つことになりそうです もっと手際よく次々作っていればよいのですが、これも一回に多く作ると、大豆を煮て潰す手間も要るので、時間の余裕をみないと・・・というより、精神的に落ち着いた時じゃないと気合が入りません(笑)

では、今から頑張ります
EDIT  |  21:54  |  スローライフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

♪Re: さぬきの「むぎ味噌」

こんばんわ 渡邉さま

昨日、5kgの味噌をそれぞれ袋に2.5kgづつ仕込みました。
我が家は、麦と米の会わせ味噌それに、しょうゆの実麹も入れて、酷を出しますv-410 もっぱら麹は、生麹を買います

自分で作って見たい気もしますが、実家の母が昔作っていたけれど、結構、酸っぱくなったとか言って、難しそうでした 麦は作ったけれど、麹は取り寄せています 大豆のみ完全自家製の、自然栽培ですね

麹も生と乾燥がありますが、生の方が発酵しやすく、酷と香りがあると思います  まぁ、人それぞれですが・・・我が家の味が一番だと思っているから、“手前味噌”とも言うんでしょうけれど(笑)

後、5kg作らないといけません 昨日は圧力釜を使いましたので、回転が忙しかったですが、回数を気にしなければ、早いですね 明日の仕事ですv-356

カメツル |  2009.10.31(土) 21:49 |  URL |  【コメント編集】

♪さぬきの「むぎ味噌」

秋祭りに「あま酒」を造り、稲刈りがおわり少し寒くなると、麹をねかし、畦の大豆を使い、味噌造りが始まります。
さぬきの味噌は「むぎ味噌」ですが、貴所では如何様に?

93歳の母は「あま酒」を孫のため例年作りますが(市販の麹で・・)味噌には体力がありません。

「我が家の味噌」
妻が関東生まれ、小生が仙台に長く単身赴任、赴任先に良く遊びに来、関東風の赤味噌、子どもの頃を想い出すのか「仙台味噌」にぞっこん惚れ込み、全て「ジョウセンの仙台味噌」オンリー。
息子・娘に完全配給。よく味噌が少なくなったとのコールあり。

以前は仙台へ注文していたが、関西にも普及したのか、大型スーパーで販売しているところあり、定期的に大量の買いだめ。
ー店員はなぜ味噌だけ多く買っているのか不思議そう!

”味噌汁は母の味”であり、そのうち妻の味に慣らされます。
津田の松原 |  2009.10.31(土) 16:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。