2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.11.17 (Tue)

丹沢縦走の続き・・・

一気に書き上げようと思いながら、毎日毎日新しいメニューが・・・昨日のことは、もう何日も前のような錯覚に陥ることがしばしば・・・・日記をつけているので、それを自覚する 人間の記憶 いや、私の記憶はあいまいで恐ろしい(笑)

日記は、畑をするようになってから、種まきや移植、成長の度合いを記録するのにつけ始め、それと一緒に数行その日を書き残すだけですが・・・

さて・・・・

丹沢は鹿に三度出くわした 鹿の喰外がなければ、自然の中で生きる動物に出くわす感動とその姿につい、惹かれてしまう(笑) しかし、何百年たった大きなブナの木も鹿に食べられると、10年以内には枯れてしまうほど、もろいのです

共存する為に、柵をして境界線を作っていますが、丹沢だけじゃなく四国の山もかなり増えていて、これから先どうなるんでしょうね

そんな話は一般的(笑)でしたね

丹沢山は、その塔の岳からず~と尾根をアップダウンを繰り返しながら、笹原の中を富士山を左手に見ながら歩くのです その日は午前中は晴れ・・・昼食後は曇り空・・・ころころ変わる空の色と雲

富士山を一番奥に手前の山々の稜線は、墨絵の如く薄墨を流したようにように見え、何度同じ写真を撮ったか・・・ 何度ではなく何百枚でした

丹沢の山並み 丹沢山 山頂 尾根歩き 続く稜線・・・ 長い長い笹原縦走 目前に、蛭が岳山頂
まだ、もう少しあるんですが、睡魔が襲ってきました 続きは、また・・・




 
EDIT  |  23:04  |  山登り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。