2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.04.20 (Tue)

出口・・・ユキ

15日の朝、逃避休暇に出発のため高速の上り線に乗ると、既に雪らしきものがフロントガラスにくっついてくるような?

新宮辺りから出口ユキ・・・の注意情報が点滅中 笹ヶ峰トンネルに入る頃には、山は真っ白 制限速度を守りつつ走って、こんなこともあろうかと早く出ていたので、途中のPで ところが、20分もオーバーして、あわてて高松中央まで・・・ところが、間違って、右に降りたら迷子になってしまい、バス発車5分前に着いた

出口ユキどころか、迷子に(笑)

行く先の南の楽園 西表島への出だしは、えらく寒い日でした 逃避なんて書くから罰があたったかも(笑)

⇒那覇⇒⇒石垣島⇒⇒西表島⇒ホテル・・・家を出てから12時間 遠い長旅でしたねぇ
マングローブ
着いた日はもう夕食の時間(笑)温泉で疲れを取り、次の日のカヌー漕ぎに初挑戦するためビールは一杯だけにして、体力を温存しましたよ(笑)

次の日は、本土では雪でしたね 西表は22℃くらいだったかなぁ・・・でも、朝は風と小雨が降っていて、カヌーでピナイサーラの滝まで川を往復して、おまけに歩いて滝の上まで歩き、降りて来たら、滝壺までまた歩く・・・合羽を着て、濡れてもいい靴を履いていざ出発!
ピナイサーラの滝

カヌーはシットオン・カヤックと言って、転覆しにくい設計になっているそうで、私は二人乗りの後ろで、先導役をしましたが、最初は二人の呼吸が合わず、マングローブの林につっこんだり、方向がうまく行かなかったり・・・笑い転げて、もらしそうになりました(笑)

10分もたったら、学習が足りて難なくガイドさんの横を並んで進めるようになりました しかし、楽しいのりものですねぇ 川は浅いところは膝くらいのところも・・・一応全員、救命ジャケットは着て乗りますがね

「マングローブ」とは海水と淡水が入り交じる沿岸に生育する植物群の総称を指して、こう呼ぶんだそうですよ。決して、マングローブという木が生えているのではないのです・・・って、ガイドさんが説明してくださいました。

潮の満ち干があるので、帰りにはなるべく水の深いほうを選んで漕がないと バックもブレーキも回転も一応覚えたら簡単ですが、頭と手が反対に動いたりして、笑いものです。

初日の歩きの道・・・普段の登山道の感じではなく、やっぱジャングルっぽい?生えてる木が全て南方系ですよ(笑)
まさか、次の日が、あれほどうっそうとした所とは・・・

 

EDIT  |  20:24  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

♪げらさま

そうですよね マングローブの木と思いますよね 私もそう思っていましたv-410

また紹介しますが、そのマングローブの森の根っこ群が色々で・・・木もふむふむ・・・という感じです これでは、判らんわね(笑)

携帯のアラームが4回ほど鳴っていたのに気付かないのですから・・・怖いなぁ(笑) 偶然目が覚めたのが命拾いでしたv-356
カメツル |  2010.04.21(水) 16:44 |  URL |  【コメント編集】

♪西表島!!

うらやましいです。行ってみたいです!!
知りませんでした・・・。マングローブという木だと思ってました。
それにしても途中のパーキングエリアで寝たというのを読んで思わず笑ってしまいました。間に合ってよかったですね。
げら |  2010.04.21(水) 00:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。